読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25セントの恋人ごっこ

ねこがかわいい。本を書く。

パート、アルバイトは年間いくらまで稼いでよいのか(簡潔早見)

 2016年10月移行対応板を図として作りましたので、今後はそちらをご参照ください。

stalemate.hateblo.jp

 

<旧版です>

 

大学生であれば生活費や学費、遊行費のため、専業主婦/主夫であれば家計の足しにとアルバイトやパートタイムを始めることがあると思います。
しかしそこで「扶養から外れないようにするためにはいくらまで稼いでも良いのか」というのが問題になってきます。
そこで実際の数字をもとにその金額がいくらなのか、そのラインを超えるとどうなるのかを考えていきましょう。

※親もしくは配偶者などの扶養者が会社員や公務員など給与所得者であることを前提としています。
自営業者などの国民健康保険加入者は社会保険部分が異なります。
簡略化のため細かい計算や説明も省略している点があります。


まず、いわゆる「扶養」には「税法上の扶養」社会保険上の扶養」の二種類があることに留意しましょう。

・「税法上の扶養」
扶養者(大抵は親か配偶者)が被扶養者(自分)を税金上の扶養親族の人数としてカウントすることで、扶養者が扶養控除を受けることができます。
「税法上の扶養」は「一年間の所得38万円以下」の場合に受けらます。
ここで言う一年間とは「1月1日から12月31日まで」を表します。
所得38万円とは、給与収入(パートやアルバイトの大多数が該当)でいうと103万円です。
また、非課税所得である通勤手当はこの103万円には含まれません


・「社会保険上の扶養」
扶養者が被扶養者を自身の健康保険の被扶養者とする、あるいは配偶者間であれば国民年金の第三号被保険者となることを指します。
社会保険上の扶養」は「一年間の恒常的な収入が130万円未満」の場合に受けられます。
ここで言う一年間とは「事由発生時点から一年間」を表します。
事由発生時点とは、「アルバイトを開始した」「時給が上がった」「契約が変わり週の時間数が増えて給与が上がった」など、収入の増減があった時点を表します。
税法上の扶養と異なり、社会保険上の扶養は通勤手当を含みます。
また、社会保険上の扶養の条件は健康保険組合によって異なりますのでその点は注意しましょう。
(たとえば130万を12カ月で割った108,333円以上を継続的に数か月稼ぐと外れる、などがあります)


以上のことを簡単に頭に入れながら、自身にかかる税金や保険料を考慮しつつラインを見て行きましょう。

登場人物は「親に扶養され成人している大学生/大学院生(以下学生さん)」
「配偶者に扶養されている妻/夫(以下配偶さん)」(ともに障害者でない)
考慮するものは「所得税」「住民税(東京23区の場合)」「健康保険料(介護保険料も含む)」「国民年金保険料」です。


(1)税金上の扶養
・0以上~100万以下(通勤手当を含まない)

学生さん:所得税及び住民税非課税
配偶さん:所得税及び住民税非課税(※市町村により93万超で住民税が4,000円程度かかる場合がある)
扶養者:何もなし

・100万超~103万以下(通勤手当を含まない)
学生さん:所得税非課税、住民税非課税(※勤労学生控除が受けられるため)
配偶さん:所得税非課税、住民税課税(最大9,000円程度)
扶養者:何もなし

・103万超~124万以下(通勤手当を含まない)
学生さん:所得税非課税、住民税非課税(※勤労学生控除が受けられるため)
配偶さん:所得税課税、住民税課税
扶養者:学生さん、配偶さんともに税法上の扶養から外れる(※所得、住民合わせて5~40万程度の増税
※扶養者の収入次第で配偶さんは「配偶者特別控除」が受けられる

・124万超~130万以下(通勤手当を含まない)
学生さん:所得税非課税、住民税課税(※1万程度)
配偶さん:所得税課税、住民税課税(※合計最大5万程度)
扶養者:学生さん、配偶さんともに税法上の扶養から外れる(※所得、住民合わせて5~40万程度の増税
※扶養者の収入次第(所得1千万以下)で配偶さんは「配偶者特別控除」が受けられる

・130万超(通勤手当を含まない)
学生さん:所得税課税、住民税課税(※収入要件のある勤労学生控除が外れる。合計5万程度~)
配偶さん:所得税課税、住民税課税(※合計5万程度~)
扶養者:学生さん、配偶さんともに税法上の扶養から外れる(※所得、住民合わせて5~40万程度の増税
※配偶さんと扶養者の収入次第(配偶さんが141万以下、扶養者が)で「配偶者特別控除」が受けられる


(2)社会保険上の扶養
・130万以上(事由発生時点から一年で通勤手当を含んだ金額が130万以上の予定)
学生さん:国民健康保険に加入
配偶さん:国民健康保険に加入、国民年金第一号被保険者に変更(自己負担)
扶養者:学生さん、配偶さんともに社会保険上の扶養から外れる(負担増はない)
※130万未満であってもアルバイト、パート先で社会保険に加入する場合は必然的に厚生/共済年金国民年金第二号被保険者になり、その健康保険に加入することになる


結論:
よく「103万の壁」「130万の壁」と言われていますが、扶養に気をつけて働くとすれば、
103万以下(通勤手当を含まず)でセーブして働くのが一般的には良いといえるでしょう。
特に130万以上(通勤手当を含む)継続的に稼ぐようになってしまうと、自身に所得税や住民税がかかり、国民健康保険に入らないといけず、(配偶者の扶養 に入っている場合は)国民年金第三号被保険者から第一号被保険者となって自分で納めないといけず、しかも今まで扶養していた親/配偶者の税金も増えること になってしまいます。
そのため130万以上稼ぐと決めたのなら200万以上稼がないと世帯年収で考えるとマイナスになってしまうのです。
また扶養者の会社によっては扶養手当に収入要件などを設けている場合が大多数ですので、その要件をきちんと確認しておくことも重要です。

 

!トピックス!

公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」が平成24年8月10日に成立しました。


年金制度の改正について(社会保障・税一体改革関連)|厚生労働省

これにより平成28年10月から社会保険に入る年収が130万円以上から年収106万円以上(学生を除く)に変更される予定です。

 

 

 マネーに関する小説が出ております。

 

 

そんじゃーねー