読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25セントの恋人ごっこ

ねこがかわいい。本を書く。

個人事業主にも消費税増税分を払ってください!

2014年4月に消費税率が5%から8%に変更になり、半年以上が経ちました。

元請企業が下請企業に増税分を加味して支払わない買い叩きが生じるのではないかという懸念もあり、消費税転嫁対策特別措置法も成立しています。

消費税転嫁対策コーナー:公正取引委員会


ここで見落とされがちだったのが個人事業主でした。

特に物品販売業ではない個人事業主のライター、小説家、漫画家が会社から受け取る「原稿料」や「印税」、通訳、翻訳、その他給与所得以外の事業所得に該当する業務委託契約などです。

これらは消費税込みとされている契約が多く、それが4月以降も値上げされることなく継続されているケースも多いようです。

たとえばこれまで

「1ページ1万円(消費税込み)」

とされていたものは、

税引き後の額は消費税5%時代は
10,000÷1.05≒9,524だったので、

同じ9,524円になるためには消費税8%後は
10,000÷1.05×1.08≒10,286

にならなければいけません。
この286円を「合理的な理由」なく支払わない場合は、消費税転嫁対策措置法における「買い叩き」に該当し、公正取引委員会に是正勧告を受けます。



Q.年収1000万以下だから消費税を納めたことがないのですが……
A.あなたが免税事業者であるか否かを問いません。

課税売上が年間1000万以下の事業者は申告をしなければ免税事業者に該当するので消費税を納める義務はありません。
しかし、現実にその経費について消耗品や旅費交通費について増税分が含まれているため、売上(収入)にも消費税増税分が加味されていなければ、実質的に所得が減ってしまうことになります。
個人事業者がその事業において受け取る売上分は最終消費者ではないのであなたが負担をする必要はありません。


公正取引委員会にも買い叩きの具体例として、

免税事業者である取引先に対し、免税事業者であることを理由に、消費税率引上げ前の対価に消費税率引上げ分を上乗せした額よりも低い対価を定める場合

 があげられています。

http://www.jftc.go.jp/tenkataisaku/index.files/yoko4.pdf

 


最近の事例としては、

東映アニメーション株式会社」が「アニメーションの原画、動画等の制作業務の委託料を消費税を含む額で定めている個人である事業者」に対して増税後も税込額を変えず転嫁をしなかったケース

(平成26年12月17日)東映アニメーション株式会社に対する勧告について:公正取引委員会

 

「株式会社トライグループ」が「指導委託契約」と称する業務委託契約を締結している個人事業者(家庭教師)に対して増税後も税込額を変えず転嫁をしなかったケース

(平成26年12月19日)株式会社トライグループに対する勧告について:公正取引委員会

 

があげられています。

個人事業主は元請企業に対しての価格交渉をする力がなく、そのままにしておかれるケースが多いようです。

個人事業主のみなさまにおかれましてはこのことを留意していただき、また元請企業におかれましては実質的な買い叩きを行わないよう誠実な取引をお願いいたします。

 

 

追記:2014/12/21

基準期間における課税売上高が1000万円以下である事業者は、消費税の納税義務が免除される。

免税事業者は、消費税導入時に小さな商店にまで消費税の計算を義務づけるのは無理でしょう、ということで作られました。

平成16年に3,000万円以下だったのが1,000万円以下に引き下げられました。

基準期間とは、前々年度を言います。

これは集計申告して売上高がわかるのが翌期の途中なので、その次の期から適用しましょう、ということです。

なので新規開業の場合は二年間免税なのですが、資本金が1,000万円を超える法人は最初から課税売上高1,000万円以上なのはわかっているでしょう、ということで適用除外されています。

免税事業者が税金上得か、と言われると難しいところです。

確かに免税事業者(小さな町の駄菓子屋レベルを想定してください)でも、販売時に消費税を課すことは許されています。(しなくても良いですが)

(消費税の根本的な仕組みから、売った/仕入れた相手が課税事業者か免税事業者か消費者かを問うていません)

No.6455 免税事業者や消費者から仕入れたとき|消費税|国税庁

課税売上1,000万円に含まれる消費税はたかだか75,000円750,000円なので、仕入時に払った消費税と相殺させるとほとんど支払う消費税はなく、国税庁も事務経費を考えてそこまでは要求をしていません。(これを「少額不追求」といいます)

それに仕入(水道ガス電気代も経費)には消費税がかかっているので、利益が十分出ていないときに還付申告をしたくなってもできません。

徴収の義務はないけど、還付したいときはしていいよ、という話にはならないのです。

 

 

それはさておき、25日(Amazonでは23日)に藤元杏シリーズの2巻が発売いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。税法とは一切関係がありません。

(あとKADOKAWA社はとてもいい企業なので私は買い叩かれていません)