読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25セントの恋人ごっこ

ねこがかわいい。本を書く。

働き始めたら覚えておきたい医療のお金について

その他

ファンタジスタドール の北米版が安い!!!(挨拶)

 

 

心身が壊れると病院に行きます。
病院に行くと治療費がかかります。
治療費がかかるとお金が減るので精神にきます。
スパイラルに落ち込むと、医療制度のことなどを考えられる余裕がなくなってしまうので、病院に行く前になんとなく気にしておきましょう。



・医療費の自己負担は原則3割
 当然すぎて、元々の10割負担を意識しないくらいです。
 対象はもちろん保険適用されるものだけです。
 健康保険組合に加入し、健康保険料を支払っているから受けられるので、元気なときは給与から徴収される額に驚きますし、何度か病院に行くくらいでは、「天引き+3割負担>10割負担」になることもしょっちゅうです。



・高額療養費制度
 高額療養費制度を利用される皆さまへ

www.mhlw.go.jp

 医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

実際には、入院、手術にかかる費用を軽減する制度です。
平成27年1月分からやや使いやすくなりました。
~年収370万は月57,600円
370万~770万は月80,100+(10割相当医療費-267,000)×1%
(10割相当医療費267,000=3割負担80,100)
盲腸の入院手術だと1週間で3割負担が12万弱という統計があるので、大体適用されます。
※入院中の食事代(今は一食260円、じきに460円にあがるかも)と、差額ベッド代は対象外です。

 健康保険によっては、自動精算で実負担額との差額が振り込まれるところや、自分で申請しないといけないところなどがあるので、入院した際には気をつけておきましょう。
 緊急ではなく、事前に入院し、費用がかかることがわかっている場合には、職場を通して「限度額適用認定証」というのものを請求し、これを病院の窓口に提出しておくことで、自己負担額を最初から高額療養費の上限にしてくれます。

 その他、複数月に渡って高額療養費制度を受ける場合には適用額が更に下がるなど、細かいところもありますので、気になる方は厚労省のサイトを確認してください。

 



・医療費控除
 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁


 こちらは健康保険の制度ではなく、所得税及び住民税の制度です。
 「医療費」の範囲が「保険診療」より広くなっています。
 保険診療の他、ドラッグストアで購入した薬や、レーシックの手術費用、病院に通うための公共交通機関利用費用も含みます。
 レシートが必要なので一年間分を必ず保管しておいてください。

 「医療費が10万円を超えたら税金が還付される」と言われることが多い制度ですが、リンク先に「その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額」とあります。
 給与収入だけだと年収3,115,999円で総所得金額が1,998,400円なので、それ以下であれば、医療費が10万円以下でも適用されることになります。
 その他、「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合」なので、家族単位で生計を営んでいる方は、誰かに医療費を片寄せして医療費控除を受けることもできます。

 自由診療の金歯やレーシック、ドラッグストアで買った風邪薬も対象だったり、民間保険で補填される分を控除したり、細かく気をつけなければいけない点がありますので、とりあえず、これかな、と思うものは一年間レシートを溜めておくのが良いと思います。
 確定申告が必須です。



自立支援医療(特にメンタルやられた人向け)
自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

www.mhlw.go.jp



対象は
[更正・育成]
腎臓機能・小腸機能・免疫機能・心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)・肝臓の機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)の者

[精神通院]
統合失調症躁うつ病うつ病てんかん認知症等の脳機能障害、薬物関連障害(依存症等)の者
②精神医療に一定以上の経験を有する医師が判断した者

なので、うつ病で継続的に病院に通うことになっても対象になります。
市町村民税235,000円以上は制度の対象外ですが、この基準を満たすためには年収700万くらいはないといけないので、若い人はほぼ大丈夫でしょう。

制度は驚きの1割負担!
やったね!薬が格安で手に入るよ!
(あと自己負担の上限が1万円になったりもしますが、1割負担になって月1万以上かかることはそうないと思います)

 

精神科、心療内科では案内があると思いますので、受付でご相談ください。

(申請には診断書(有料)がかかります)


・その他、民間の医療保険ってどうなの?について
この辺り、人によって意見が異なります。
自己負担の先進医療や差額ベッド代に備えるためには必要、という人もいますし、
ここまでの公的な医療制度で十分、という人もいます。
考え方は様々なので、考慮情報を置いておきます。

1.医療保険は年間8万円まで所得税住民税の保険料控除が受けられるので、多少税金が安くなります。
 No.1140 生命保険料控除|所得税|国税庁
 (所得税は)年間2万円までは全額が控除の対象に、それ以上だと計算式により、4万円まで控除されます。税額控除ではなく、所得控除なので、税率をかける前の控除です。
 5%だと年間2万円の保険で1千円、住民税10%で1,600円(住民税は2万円の場合、2万×1/2+6,000=16,000)、合計2,600円が税金から控除されます。

2.病気をすると、治療中および完治後3年間は大抵の保険に入れません。
 メンタルを一度やってしまうと、長期間つきあうことになるので、「入らない」と決めた人は慎重にいきましょう。(やったあとで、病院に行くのをためらえ、という意味ではない)


 家族がいないから死亡保険は必要ない(※余命宣告された際に死亡保険が支払われるものもあるよ)、インフレするだろうから貯蓄性保険は必要ない、でも最低限の医療保険は入っておこうかな、という人は、かんぽとか県民共済あたりに入っておくと良いのではないかしらん。
 年5万くらいまでなら、リスクヘッジの必要経費として計上した方が良いかも、というのは私の意見です。




・おまけ
 死んだら健康保険から埋葬料が5万円でます。
 公営火葬場の火葬費用代になりますので安心して死んでください。

 

 

 

 保険とは一切関係ない私の本です。買ってください。

藤元杏はご機嫌ななめ ―彼女のための幽霊― (MF文庫J)