25セントの恋人ごっこ

ねこがかわいい。本を書く。

小説を書こう、ということになった。

f:id:stalemate:20150426214922p:plain

ばんざーい! ねこばんざーい!

 

本業のアレがソレでコレな感じで落ち着きました(暇だとは言っていない)ので、小説を半年間くらい書くことにしました。

本当はHUNTER×HUNTERが再開するまで休もうかと思っていました。

 

ツイッターをしばらく控えます。

やらないわけではなく、割りと頻繁にねこ写はアップします。

由無し事は、向こうで日々書いたりはしません。

なぜなら、ツイッター的な文章を書き続けてしまったせいで、元々程度の低かった文章力が更に頭の悪い方向になってしまった感じがあるからです。

かなりつらみある。

矯正します。

 

 

かわりに定期的にブログに書きます。

あ、これは正月に書いたやつだ。

 

あと読んだ本について書くかも。

基本小説や漫画以外で、適当な感想を。

前回程度の。

 

小説、売れないとつらい感じある。

藤元杏はご機嫌ななめ ―彼女のための幽霊― (MF文庫J)
 

 

 

ところで、日本語に名詞の複数を表す接尾辞が「達」か「共」くらいしか思いつかなくて、この二つはどちらも有生性がないと厳しい(花瓶達、花瓶共は難しい)ので、複数なんだけど数に言及しない(つまり、単数ではない、が言いたい)とき、少し困るなあ、と思っています。

複数の花瓶」と書くのはアホっぽい。