25セントの恋人ごっこ

ねこがかわいい。本を書く。

「ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク・ガールズ」をカクヨムで公開しました。

 年末年始にかけて勢いで小説を書きました。

「ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク・ガールズ」(VPNGs)です。

 総執筆時間は50時間ほどで、プロット作成やら思考時間を入れると100時間ほどかかりました。

 きちんと小説を書いたのはトクシュー!以来なので一年半ぶりくらいになります。

 とりあえず今書きたいものを全部詰め込むぞ、という勢いだけでやりました。

 分量は10万文字弱で文庫換算300P前後です。

 カクヨムコンテストに滑り込みで応募しようかなとも思ったのですが、修正しても最低文字数の10万文字に数千文字足りず到達しなかったので、諦めてそのまま公開することにしました。

 思いつかないのに無理矢理文字数をひねり出しても、という感じです。

 内容的には軽い感じのSFで、女の子だけが出てきます。

 百合かと言われると謎がありますが、気持ちだけ百合ということで。

 実際的には青春友情物語だと思って書いていたのですが、どうでしょうか。

 単体で完結し、どの作品ともつながっていないので、単独で読めます。

 しばらく(とりあえず今年は)こんな感じでいい感じに思いついたものとか、前に考えていてちょっとだけプロットを作ったけど結局書かなかったものとか、そういうのを中心にだらだらと書いていきたいと思います。

 

 本編どうぞよしなに。

 

 2042年。
 あらゆるものが瞳に装着されたレンズを通してネットに接続されている世界。
 人々の暮らしは大きく変わり、世界中、月や火星まで家にいながら旅行できるようになった世界。
 それでも、かろうじてリアルに学校制度が残っている世界。
 これはそこで暮らす彼女たちの物語。

 

kakuyomu.jp